タンザニアでの生活

2016年11月、東アフリカに位置するタンザニアという国で生活を初めました。

東京では完治していたアトピーの炎症が、また、出はじめてしまいました。

久々に汁も出てきてしまい、夜も寝られなくなってしまいました。

タンザニアに着いてからピタッとジョギングをやめてしまったこと、食習慣、強い日差し、気候の変化が炎症を誘発したのだと分析しました。

 

奇跡の土「ウドンゴ」を発見する!

タンザニアの人たちはアトピーという病気を全く知りません!

わたしの顔や手のアトピーの炎症を見て、ほとんどの人が「どうしたの?」と心配してくれます。

雑貨屋さんを営んでいる現地の友人がいます。

ある日、彼のお店の中に座って会話していた時、あることに気づきました。

何人もの女性たちが「ウドンゴ」という商品を購入して行くのです。スワヒリ語で「土」を指す言葉です。

その言葉の通り土を固めたものです。タバコのような形、大きさをしています。

 

ウドンゴはほとんどすべての雑貨屋さんの店頭に必ずと言っていいほど置かれている商品です。

「出産後の女性がミネラル不足になるので一日中少しずつかじるんだよ。」

とその友人が教えてくれました。

こちらの女性はたくさんの子供を出産するので、昔からの知恵と習慣があるんですね。

それを聞いて、日本にいたときに硬水を飲んで症状が改善したことを思い出しました。

 

「もしかしたら・・・!」

 

現地の方たちは少し砕いてそのままかじるのですが、わたしのお腹はそこまで強くないので、紅茶の中に入れて飲んでみることにしました。

なんと!

飲み始めて4日で汁が止まったのです。

信じられませんでした!

まさに「アフリカの大地の恵み」でした。

 

以下は炎症が引いていく様子

↓汁が止まった直後

 

↓2週間後 炎症・腫れが引いていく様子

 

↓1ヶ月後 まだ少し傷が残っている程度

 

↓2ヶ月後

指の腫れ、皮膚の表面の色が変化してバリア機能が回復していることがよくわかると思います。

毎日ウドンゴを飲み続けて1か月後には食器洗いに手袋を使わなくても大丈夫になりました。もちろん熟睡できています。

この実験をした1ヶ月の間、活動予定、気候、食べ物は一切変化しなかったので、外的要因はほかにありませんでした。

 

 

ミネラルとアトピー

これは自分の勝手な分析ですが、硬水を飲んでいる国にアトピー患者はいないのかも知れません。

今まで旅行したアメリカでも、ペルーでも、タンザニアでもアトピー性皮膚炎という病気をだれも知りませんでした。

アメリカのロサンゼルスではみんな添加物も食べていましたし、都市部では空気も水もそんなにきれいなわけではありません。

日本と同じような環境でもなぜか、アトピーがありませんでした。

日本にアトピーが多い理由は軟水の国、軟水を好んで飲む国だからなのかもしれません。

日本は高度な技術で不純物を取り除きすぎているのかもしれません。

そして、アトピー患者はミネラルを何らかの理由で蓄えられない体のつくり、あるいは普通の人より大量に必要としているのかもしれません。

そのため、一日中少しずつ水分のように摂取しなくてはならない体だったのです。

 

 

仮説が逆だった

これまで、日本の水や食べ物や空気に含まれている何かがアトピーを引き起こすと思っていました。

そして、それを探り当てようと自分なりに日記ノートを付けたりして分析を繰り返してきました。

ところが、日本を出てわかったのは、その真逆の結果でした

必要な成分ミネラルが含まれていなかったのです。

実験開始から1カ月後には炎症がほぼ引きました。

その後、お米、ポテトチップス、炭酸、お酒を試してみましたが、全く悪化することはありませんでした。

何ともないのです。

わたしにとっては奇跡としか言いようがありませんでした。これらの食品は食べると確実に悪化するものでした。

海外に移り住んでアトピーが治ったという話をよく聞いてきましたが、その根拠は恐らくこれだと思います。

このレポートは科学的の根拠がありません。自分の体を使って実験した結果の考察です。

ウドンゴの成分を分析したことはありませんが、鉱物がよく取れる国ですのでいろいろなミネラルが豊富であることは間違いありません。

また、アトピー患者によくあるように、この方法がアトピー患者すべてに効果があるかもまだ分かっていません。

やはりよい薬は自然界そのものの中にはあるんですね。

辛いアトピーの方に何かヒントにでもなればと思い記事にしました。

 

2019年2月までタンザニアにいる予定ですので、日本に郵送することも恐らく可能だと思います。

まだ試したことはありませんが(笑)・・・

もちろん、メールをいただければ返信させていただきます。インターネット環境が悪い時がありますのですぐに返信できないかもしれません。

タンザニアの時間はポーレポーレ(ゆっくりゆっくり)流れています。

 

 

飲み方

最後にどのようにウドンゴを飲んでいるかを紹介します。

まず、2センチくらいを折ってコップに入れてスプーンの後ろ側を使って砕きます。

 

そこに熱湯を注ぎます。

 

紅茶のティーバッグとミルクと砂糖を入れてミルクティーを作ります。

 

味はお好みで良いと思いますが、砂糖を入れたミルクコーヒーやミルクティーとして飲むと、ほとんど土の味は気になりません。むしろ、コクがあるように感じます。

ウドンゴをお湯に溶かしてそのまま飲んだとしても、まずくてのどを通らないというほどではありません。以前に飲んでいた漢方の方が比べ物にならないくらいおいしくなかったです。